GALLERYRe2:mysunny

Re2:mysunny

2017年6月の末に描いた夏女子です。

皆様は夏の女の子の服装といえば何を思い浮かべるでしょうか。水着、浴衣、etc……色々あるとは思いますが、私はそういった質問が来た場合、昔から「白ワンピースに麦わら帽子!」と答えています。そんな私の趣味趣向とフェティシズムをこれでもかと盛り込んだのがこのイラストです。

線画はこんな感じです。最後までおみ足のポーズをどうするか悩んだ覚えがあります。

線画はこんな感じです。最後までおみ足のポーズをどうするか悩んだ覚えがあります。

今回は珍しくタイトルの由来から話していこうかと思います。

タイトルに「Re2:」とついていますが、これは私が2010年4月にpixivに投稿した『Re:mysunny』のリメイクとして制作しているためです。

もっと言うと、『Re:mysunny』は2008年7月に投稿した『私的な夏服』をリメイクしたものですので、これで3回目、更にもっと言うと、2016年8月にdrawrで落書きもしましたので、実質4回目のリメイクとなります。

あれ? 4回目ということは「Re3:」じゃないのですか? といった感じですが、看板娘的女子と同じ考え方で、昨年の落書き分は中間としての「1.5」と自分の中で解釈していたため、今回の分は「Re2:」としています。

因みに、『Re:mysunny』については、2008年の自分に「こういう夏女子が描けるようになりました」と返事をするイメージでリメイクしたものだったからつけたタイトルかと思うのですけど、だったら「mysummer」じゃないの? と思わなくもないですね……。

『Re:mysunny』です。この当時は全部マウスで描いてました……7年前か……。

『私的な夏服』です。これも全部マウスで描いてますね……9年前か……。

それでは、タイトルに関する話で前置きが長くなりましたが、制作時の話でも。

リメイクの良いところと言えば、ある程度キャラや衣装について決まっているというところですが、今回の分に関して言えば白ワンピースは一から再考しました。考えすぎる傾向があるので最近はあんまり凝ったものを作ろうとは思いませんが、衣装を考えるのは結構好きです。

白ワンピースは、実際に販売されているもの、イラストで描かれている可愛らしいものを参考としていきまして、当初は身体のラインがしっかり出て胸元がざっくり開いているセクシー系、リボンいっぱいスカートフリフリな可愛い系のなども想定しましたが、最終的にはシンプルイズベストな清楚系でまとめました。

ただ、個人的には少しセクシーな部分や可愛い部分も取り入れたかったので、胸元のフリル部分については少し透過を多くしたり、スカートはフリフリとはいかないまでもふわふわした柔らかい感じを目指したりしました。

白ワンピースの部分だけ切り取ってみました。清楚系なのですが、ある程度身体のラインがわかるようなシルエットのものを考えています。

白ワンピースの部分だけ切り取ってみました。清楚系なのですが、ある程度身体のラインがわかるようなシルエットのものを考えています。

で、閲覧いただいた方の誰からもツッコミが無かったのでここで話しますが、この白ワンピースのレイヤー全体は透過率95%で作っております。つまり、

全体的にほんの少し透けています。

まぁ、水場ですしね。水に濡れて透けてしまったのですよ。多分。

分かりやすいところでいうと、お胸の部分にボーダーが入っているのが確認できるかと存じますが、これは中に着ているものが見えているからなのです。因みに見えているのは水着です。下着じゃないです。

上半身をアップにしてみました。ボーダー分かりますかね?

上半身をアップにしてみました。ボーダー分かりますかね?

この水着は2016年7月のdrawr落書きから拝借したもので、肩の部分にやけに紐が多いのは水着のせいです。イラストの右足近くに白い紐的なものがありますが、これも水着の紐部分です。何回紐って言ってんの自分。

でもって、少し透けているということは、水着だけではなく身体についても少し見えているということになりますので、ほとんど見えない部分にも関わらず、ある程度お肌についても色塗りしています。ちょっと練習もかねて。

白ワンピースを取り払ってみました。雑ですがこれくらい中も塗ってました。

白ワンピースを取り払ってみました。雑ですがこれくらい中も塗ってました。

白ワンピース以外の部分についてはリメイク元から引継いでいるもの(特にdrawrの落書き分から)が多いですが、目の部分をグレーからライトブルーでライトイエローな色味に変えてみたり、髪飾りのデザインをほんのり変えてみたりとちょこちょこ変更しています。

また、ポーズについては左腕の帽子を押さえている部分についてはすぐ決まったのですが、それ以外の……特におみ足については、開いたり、閉じたり、前に出したりと色々検討したり、構図も少しアオリにして躍動感をつけれたらなとか、表情はにこやか楽しそうにしたいなとか考えたりしてました。

背景なしだとこんな感じです。アクティブなポーズとにこやかな表情が大変気に入っております。

背景なしだとこんな感じです。アクティブなポーズとにこやかな表情が大変気に入っております。

でもって、今回は背景についても、いつものシンプル調やオブジェクト系ではなく、海と雲、でもって太陽の光と夏っぽさが伝わるよう、久しぶりに手描きしました。雲は、落書き時に導入した雲ブラシを活用しつつそれっぽーくなるよう楽しく描きました。

背景のみだとこんな感じです。雲ブラシと発光レイヤーを活用してキラキラさせました。

背景のみだとこんな感じです。雲ブラシと発光レイヤーを活用してキラキラさせました。

そんなこんなで、好きな髪形、好きな服装、好きな表情に好きなフェチ感をバンバン盛り込んだ非常にお気に入りの1枚となりました。グッジョブ私。

Twitterではオリジナルイラストとしては珍しく、多くの方に閲覧していただけたようで大変嬉しいです。ありがとうございます。「もうすぐ夏本番だね、なんて」と、にこやかに語りかけているようなイラストになっていれば良いなと思います。

因みに、水着差分で背景ありだとこんな感じです。これはこれで良い感じかもしれません。

因みに、水着差分で背景ありだとこんな感じです。これはこれで良いかもしれません。

最後に余談ですが、実は6月末は当初の予定では6月の要素(梅雨、時の記念日、百合の日、ジューンブライドなど)を盛り込んだバカっぽいのを描こうとしていたのですが、制作期間との相談で見送りとなりました。と言いますかぶっちゃけ白ワンピースと麦わら帽子の誘惑には勝てませんでした。それくらいこの組み合わせが好きなの私。

6月盛り込みイラストはまた別の機会に描けたらなとか考えております。因みにこれもリメイクだったりするみたいですよ。

Share

scroll up