GALLERYパーカーガール。

パーカーガール。

2017年4月の末に描いたパーカー女子です。

春らしくピンクのパーカーと緑のショートパンツで爽やかに…と作った本人は考えていましたが、Twitterやpixivでは「おっぱい!」とか「ふともも!」とか、本人の意図しないところの嬉しい感想ばかりいただく結果となりました。

……なぜそうなったのか作った当時を振り返りながら考えたいと思います。

線画はこんな感じです。身を乗り出すようなポーズがお気に入りです。

線画はこんな感じです。身を乗り出すようなポーズがお気に入りです。

まずこのイラストを描くきっかけと言うのは、単純に4月のブログ記事のサムネイル用に何かイラストを一枚用意したいなというもので、最初はあまり深く考えず取り掛かっていきました。

ラフを練り練りしている際、ブログ記事には自分のことを書くので私が普段よくやることを反映させれば良いのでは? という考えに至り、検討した結果、やっぱりお絵描き? となったので、何かを書いているイメージにしようと決めました。

で、普段私が使っている液タブのペンを持たせて、ペンを持っている手をグッと手前に、そこから脚にかけて奥行きが出る身を乗り出したような感じで…と上の線画のようなポーズを考えました。

衣装のパーカーについては実は、ラフを考えている際「ひとまず頭のバランスを考えたくない」という考えから(水のイラストの記事の時にも書きましたが、私は最初に頭を大きく描きがちです。)、とりあえずフードでも被せとくかーという感じでぺいっと描きました。

ラフを進めていくにつれて、割とフードが馴染んで良い感じにはまったので、もうこのままで良さそう? となり、衣装はパーカーとなりました。今思うと私自身、フードつきの私服を結構持っているので、自分語りの記事の衣装としては合っているかもしれません?

なんとなく頭の部分だけアップにしてみました。因みにどうでもいいですが、仕事中は私もブルーライトカットの度なしメガネを着用しています。

なんとなく頭の部分だけアップにしてみました。因みにどうでもいいですが、仕事中は私もブルーライトカットの度なしメガネを着用しています。

メガネについても、バランス的な問題でアクセントとして後付けしました。赤フチメガネなのは当時『ぱにぽにだっしゅ!』のBlu-ray BOXがで出たせいです。分かる方だけ分かってください。

そんなこんなで、線画を描いた後配色を決めていきました。出だしに書いたとおり春らしい配色でいこうと考えて作成した下地が以下のとおりなのですが……。

色塗りの下地です。

色塗りの下地です。

は? 完成品となんか違わへん!?

はい。私は塗り作業の際、例外もありますが、

影1(薄め)→影2(濃いめ)→影3(影1と2の中間)→光1→光2→微調整→お好みでオーバーレイ

といった感じでやっていくことが多いのですが、その中で下地の色を埋めてしまうことが多々あります。

試しにどういった風な構造で色が塗られているのかを髪部分でアニメGIFにしてみました。

髪部分の色塗りGIFです。

髪部分の色塗りGIFです。

アニメGIFをご覧いただくと分かりますが、光を当てるところくらいでガラッとイメージが変わっています。

原因としては恐らく、イラストの色塗りを制作当時私の描いたもので評判の良かった『ご注文はうさぎですか?』のココアさん『小林さんちのメイドラゴン』のトールちゃんなどのテイストに、普段の私がよくやるツヤテカ塗りを付け足してごちゃごちゃさせたせいではないかなと思います。

そんな塗り方に更にオーバーレイで色々効果を付けた結果、いつもよりお胸やらおしりやらおみ足なんかにハリ(凹凸感?)が出てしまった? が故に出だしで言っていたような感想がたくさん寄せられたみたいです。

元々のポーズから割とお胸強調してませんか? とか、春なのにショートパンツはちょっと時期的に早そうな気がするのでおみ足が描きたかっただけなのでは? とか、色々ツッコみたいところはあるかもしれませんが、本人に他意はありませんのでそっとしておいてください。

背景なしだとこんな感じです。白地だとちょっと目立ちにくいですかね。

背景なしだとこんな感じです。白地だとちょっと目立ちにくいですかね。

背景はパステル調のラインでポップな感じにしたかったみたいです。当初は黒の部分が白のパターンも作ったのですが、ブログ記事のアイキャッチでの編集を加味して黒の方を採用しました。

背景のみだとこんな感じです。黒のおかげで割とカッチリしたように思います。

背景のみだとこんな感じです。黒のおかげで割とカッチリしたように思います。

最後に、タイトルの『パーカーガール。』はもちろんが如く後付けです。他に付けるようなタイトルなさそうですよねこれ。

このイラストから、月末には何かしら総まとめ的なイラストを描くようになりましたし、今まで結構あやふやだった色塗りの基盤みたいなものも出来上がったような気がして大変思い出深い感じのイラストです。

この後、私の描くイラストがだんだんえっちい方面に進んでいるのでは? と囁かれ始めるのはまた別の話……。

Share

scroll up