BLOG個人創作と百合について。

個人創作と百合について。

ごきげんよう、手鞠鈴です。

なんやかんやあった割に7月は本当に何も書くことがない程度には本当に何もない日々でしたので、ブログの更新をお休みしていたため久しぶりの更新となります。

じゃあ、8月は何かあったの? と尋ねられても何もなかったとしか答えられないのですが……。

私、手鞠鈴は個人で創作のお仕事やお手伝いのご依頼を受諾できるようになりました。

なりました。やったぜ。

5月の記事で自分のことをクリエイターとは思えないと言っていた矢先にこんなことになりました。徐々にWEBサイト名と距離ができているような気がして良い具合ではないでしょうか。

一応以前から、個人でも何かお手伝いができたらとは考えていたのですが、現在勤めている会社の規定で「お金の係る副業は原則禁止」となっていたため、9割くらい諦めていました。

ところが最近、色々あって社内の体制が変わることが多くなってきたので試しに打診してみたところ、「いけるんじゃない?」というあっさりした回答が返ってきまして現在に至ります。

因みに、相談を持ちかけた際の内容は

「今のお給料だけだと将来が不安で生きていけませんので副業してもいいですか?」

です。ユメもキボーもない。

ね。

とまぁ、そんなこんなでご依頼を受けることが出来るようになったものの、まだまだ技術面やクオリティ面が中途半端な現状ではありますし、今やっている趣味的な創作でもやりたいことがたくさんあるので、しばらくは現状のまま、ゆったりしながら細々活動していけたらなと思います。

そういえばTwitterで、個人で活動が出来るようになりましたと報告した際、高確率で

「同人誌出せやオラァ!!」(実際はこんな口調ではない)

とのお言葉を賜ったわけですが、私が出すとすれば何を出せば良いのでしょうね?

蜂蜜考察本とか? いや、それはめんどくさそうですので、最近のイメージ的にやっぱり百合ものでしょうね。

手鞠鈴は最近、百合(ガールズラブ)ものについて勉強中です。

です。

先日、Twitterに落書き漫画として『好み』というお題で百合っぽい漫画を投稿しました。

落書き漫画『好み』です。

投稿当初は、「話は気に入っているけれど、あんまりうまく描けなかったから見てもらえても2ケタいけば良い方かなぁ」などと考えていたのですが、蓋を開けると過去最高いいね、リツイート数となりましたし、たくさんご感想もいただけて、作った本人が一番喜ぶ結果となりました。

これまでも、静電気漫画や、企画でストレートなSSなんかを作ったりしておりますが、こういう百合っぽい作品を作りだしたのは2017年になってからだったりします。

作りだしたきっかけは、Twitter経由でいただいた百合っぽいイラストのリクエストからなのですが、リクエストをいただいた当時はそういったものをほとんど作ったことがなかったのでびっくりした覚えがあります。

一応、ジャンルとしては結構前から嗜んでおりまして、恐らく私が百合ものとして初めて知った作品は『Strawberry Panic』じゃないかなと思います。アニメの方。

作品名を見て、「おっ、懐かしいな」と思ったそこの貴方、あれもう11年前の作品なんだぜ……。

どうですかこの時代を感じるWEBサイト!(失礼)

どうですかこの時代を感じるWEBサイト!(失礼) 閲覧はこちらから

今見てもなかなかに百合百合している作品ですが、当時見ていた自分は「えっ!? 女の子同士でちゅーしてる!?」といった初々しい反応もなく割と淡々と拝見しておりました。

その後もちょくちょく百合としてカテゴリされる作品を見ていたことはありましたし、『ゆるゆり』のアニメ化でほんのり巻き起こった百合ブームの際にはそういった作品を漁ることもありました(『きものなでしこ』とか『魚の見る夢』とか読んでました)が、1ジャンルとして捉えていたので、そこからどうこうということは特にありませんでした。寧ろ姉や友人の傾向からBLものの知識の方が断然上だった気がします……。

そんな私でしたが、上記のリクエストイラストやそれを描くために練習として作った静電気漫画をきっかけに「私の知っている他に百合にはどんな作品があって、どういう層に需要があるのだろうか」と、私気になります状態になりまして今こんな感じです。

今のところ、読んできた百合もので好きな作品は、ベタですが『citrus』と『やがて君になる』です。どうやら日常物で女の子がイチャイチャしている作品よりは、ストーリー物で女の子特有の考え方や行動が出ている作品の方が好みのようです。表紙のデザインも好き。

また、どちらかといえば女の子同士で好きなことが当たり前、のような世界観よりは、女の子を好きになるなんてダメなんだけどあいつが気になる……的な世界観が好きなのと、暗めの話が好きなのもあって『たとえとどかぬ糸だとしても』が好みです。読んでて非常に胸が苦しいですが……。

……とは言いつつ、最近読んだ『将来的に死んでくれ』のテンションの高さがどストライク過ぎてちょっと揺らぎつつある傾向もあります。……ふわふわしてんなぁ自分、と思いますね。

この他にも色々嗜みながら勉強中ですが、まだまだ初心者街道まっしぐらですので、このページをご覧の方でおすすめの作品があればぜひご教授くださいませ。たくさんの作品を吸収して自分もちょこちょこ何か作っていけたらなと思います。

締めの言葉。

今回の記事は久しぶりに超趣味っぽい感じになりましたね。今後もこれくらいフランクにやっていきたいところです。うん。

そんなこんなで8月は色々転換期的なところもありましたが、楽しくにこやかになところは変わらず、でも以前よりはもう少しストイックに構えていけたらなといった具合です。

9月も楽しい月になれば良いですね。それではまた。

Share

scroll up