BLOG『NOT A CREATOR』は本オープンから換算で
開設1周年になりました。

『NOT A CREATOR』は本オープンから換算で開設1周年になりました。

こんにちは、手鞠鈴です。

5月になりまして、ポカポカ良い陽気だなといきたいところだったのですが、それを通り越して地味に暑い日が続いております。

本当に暑い時は夏くらいの気温もありますし、5月病になる前に夏バテ、みたいな方もいらっしゃったのではないでしょうか…いや、5月病の方が見方的にはやっかいそうですね。どっちも良くないですけど。

2017年05月30日は『NOT A CREATOR』開設1周年の日だそうです(本オープンから換算で)。

です。「あれ? 前にも似たような記事ありましたよね?」と感じた方は古くから私のことをご存じの方かなぁといったところですが、昨年11月の記事プレオープンを含めてなので、実際は半年しか経っていない時の記事だったりします。ですので、今回が本来の1周年です。ややこしい…。

ひと月が早く過ぎ去っていくように感じる今日この頃ですが、このサイトについては反対に、まだ1年しか経っていないのかと思う次第です。

そもそもなぜ『NOT A CREATOR』というサイト名なのですか?

当WEBサイトの名称は『NOT A CREATOR(ノット・ア・クリエイター)』ですが、そもそもなぜこのような名前にしたのか書いたことがなかったので、1周年にあやかってさらっと書きたいと思います。先月の記事で味を占めたな…なんて言わないで。

WEBサイト名の元ネタは、DJ Mass MAD Izm*さんのアルバム『I AM NOT A DJ』からです。

結論から言いますと、当WEBサイト名の元ネタはDJ Mass MAD Izm*さん(以下Massさん)のアルバム『I AM NOT A DJ』からです。

Massさんは、KONAMIさんの音楽ゲーム『beatmania IIDX』への楽曲提供他、様々なアーティストさんのライブサポートDJとしてご活躍中のスーパーDJです。初めてDJ Mass MAD Izm*名義で音ゲーに提供された楽曲『Digitank System (『beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS』収録)』は色々な意味で当時話題となりました。

そんなMassさんが2010年に発表したのが、1stアルバム『I AM NOT A DJ』です。

こんな感じの見た目のアルバムです。iTunesでも買えますよ。

こんな感じの見た目のアルバムです。iTunesでも買えますよ。

この『I AM NOT A DJ』、曲自体めちゃくちゃカッコいいし、ジャケットは(Massさんの後頭部が写っているだけなのに)シブいしで今でも非常に気に入っておりますが、その中でも一番好きな部分はタイトル名だったりします。

当時、Massさんアルバムが出るよと発表された際、「わっほーい!」と大喜びした後、タイトルを見て「なんちゅうタイトルつけてきたんだ」とびっくりしました。

「I AM NOT A DJ」は直訳すると「私はDJではない」となります。

先ほども述べたとおり、Massさんはたくさんのアーティストさんから引っ張りだこの、もの凄く実力のあるDJです。『beatmania IIDX』で提供される楽曲についても、ほぼスクラッチで構成されているような、いかにもDJっぽいものばかりです。

そんな人のアルバムのタイトルが、しかも1stアルバムのタイトルが「私はDJではない」ですよ。完全にツッコミ待ちですよね?(関西の血)

…関西の血は置いておいて、これの面白いところは時折見かける、ただ「そんなことないよー」と褒めて貰いたいだけで「私、○○じゃないしー」と言っているような人ではなく、しっかりと実力、実績のある人が言っている(名付けている)ところです。

「この人は凄いDJ」というイメージを持たれているMassさんが「私はDJではないですよ」と言い、それを聞いた(見た)人が「いやいや、あなたどこからどう見てもDJでしょう」とツッコミを入れる…のような、自らの否定を他人が打ち消しにかかる大抵めんどくさい流れが、このタイトルでは嫌味を一切含まない状態で爽やかに出来上がっているなという風に感じ、心の底から素晴らしいと感じたものです(色々飛躍しているところはあるかと思いますが)。

手鞠鈴は常日頃から自分のことを絵描きでもなければデザイナーでもないと考えています。

で、急に自分の話ですが、常々私が言っていることのひとつに「私は絵描きでもなければデザイナーでもないですよ」と言うのがあります。

「なんだ? お前も そんなことないよー とか言ってほしい人種か?」と思われそう(実際よく言われます)ですが、文字どおり考えておりまして、自分が何かを作っているぞという実感が割となかったりします。作っている最中は楽しいですし、作ったものはどれもこれも好きなのですが…。

この「実感」という部分はもの凄くふわふわした概念ですので、何故そう考えるのか説明が難しいのですが、恐らく私の中で創作というものは完全に趣味、もしくは仕事として認識しているからかなと思います。

端的に言えば、手鞠鈴の中の人は「デザインを仕事、お絵描きを趣味としているごく普通の社会人」みたいな感じです。一応本業はWEBデザイナーですが、説明しとかないといけない…といった場合でなければ自分からWEBデザイナーと名乗ることはあまりなく、「会社員です」って答えてます。なんですかWEBデザイナーって…かっこつけちゃってまぁ…。

ですのでSNSで「絵師さん」とか、仕事で「デザイナーさん」とか呼んでいただいた際はいつも「んー」ってなってます。本当に実感がなくてですね…持てたらいいのですが。

冗談抜きで、相当余程のことがない限り、私はずっと「私は創作人ではない」と言い続けていると思います。

そんなこんなありまして…。

以上のことを踏まえまして、当WEBサイトは上記のような、

自分がいつまで経っても創作人だと思えない現状を表現する意味と、いつか自分に誰から見てもクリエイターと分かるくらいの実力がついていって、このWEBサイト名に「いやいや、あなたクリエイターですがな」とツッコミが入るような人間になれたら良いな、という理想を込め、『I AM NOT A DJ』よろしく『NOT A CREATOR』と名付けました。

もしそうなったら自分の中に「あぁ私はクリエイターなのかもしれないな」という感情が生まれるかもしれませんしね。そうなったら幸せですね。

こんな感じで1周年です。

いかがでしたでしょうか? 非常にふわっとした1周年になってしまいました…。

ですがまぁ、私の感性は私の中にしかないので大切にします、と良い感じにまとめているようで全くまとまっていない現実逃避をしながら〆ておきたいと思います。

まだまだよく分からないところ、至らない点が多々あり、正直なところいつまで創作を続けていけるか定かではないふわふわした存在ですが、色々やっていって一年後、ここでまた ゆるふわっとした記事を書けていると良いなと思います。これからも変わらぬご愛好よろしくお願い申し上げます。

それではまた。よしなにどうぞ。

Share

scroll up