BLOG『だから、そのデザインはダメなんだ。』を読んで、
良かったところ、微妙だったところ。

『だから、そのデザインはダメなんだ。』を読んで、良かったところ、微妙だったところ。

こんにちは、手鞠鈴です。

当サイトも本オープンしてから地味ーにアクセスがあったりして嬉しい限りです。Twitterとかフォロワーいないのに参照があったりして何が何だかよくわかりません。どういう風に見つけてくるのでしょうか…。

香西 陸さん著の書籍『だから、そのデザインはダメなんだ。』を読みました。

先日、本屋で偶然見かけまして、ちょうど当サイトのVer.2について考えていたこともあり、参考になればと購入しました。お値段2,200円(税抜)です。個人的にはとてもためになりましたが、良いところ、微妙なところがある本かなと思います。

良いところ

良い例と悪い例の比較が見開きで読みやすい

見開きの左側が悪い例、右側が良い例というレイアウトを一貫しているので非常に読みやすいです。悪い例をみて、「そうそう、こういうデザインあるよね」となった後、右側を見れば良い例が載っているのですぐ参考にできます。また、良い例の内容が常にユーザー目線に立った内容でとても好感が持てます。時々、比較がわかりづらいものもありましたが、そこまで贅沢はいえません。

入力フォームの内容が非常に良い

個人的な意見ですが、入力フォームの内容はかなり良かったです。私は、興味を持てばすぐに会員登録してしまうようなミーハーなので、色々と入力フォームを利用するのですが、「わかりづらいよ!」ってサイトも少なくありません。この本での指摘は「そうそう! それだよそれ!」となるものばかりで、勝手にテンション上がりました。自分が制作するときの参考にも重宝しそうです。

微妙なところ

良い例が必ずしも最適解というわけではない

微妙なところと言えるような点かどうかわかりませんが、掲載されている良い例については、あくまで一例なので、制作する内容やユーザーの傾向によっては、採用した結果、表示に時間がかかったりスクロールが増えたりして逆にユーザーをイライラさせそうなものもありそうだなと感じました。 …この点については設計・デザインする側がコントロールすればどうとでもなるかと思いますので、特に気にしなくても良いかもしれません。

オジサンイラストに耐性がないと読んでいてつらいかも

私はあんまり気にしないので特に問題なかったのですが、ほぼ全ページにオジサンのイラストが出てきます(恐らく著者さんの似顔絵イラスト的なものではないかと思いますが…そうだったらすみません…)。こういうイラストにイラッとしないよ、って方でないと読みづらそうです。苦手な方は即閉じなんじゃないかな、と思う頻度で出てきますよ!

まとめ

良いところと微妙なところを挙げてきましたが、全体的には読みやすく、内容の濃い書籍だと思います。
私は田舎ものなので、スマートフォンサイトとかはまだまだ不慣れで、よくある設計でも「なんでこの設計?」と首をかしげることが多々あります。わざわざシンプルにメニューを3~4つにしているのに、なんでハンバーガーメニューを採用しているんだ? って思うこと、ありません?

この書籍は、ごちゃごちゃしているデザインはもちろん、逆にシンプルにしすぎてわかりづらくなってしまったデザインにもしっかり対応して解決に導いてくれますので、書店で見かけた際はぜひ試しに手に取ってみてください。

公式の商品紹介はこちらから閲覧できます。(外部サイト)

Share

scroll up